必見!電動工具を長持ちさせるためのテクニック

動きが悪いと感じたら

さまざまな作業をするのに欠かせない電動工具ですが、日々のメンテナンスを怠るとすぐに使えなくなってしまいます。特に泥や水が付いているなら、できるだけ早く取り除くと良いでしょう。なぜならそれが原因でサビてしまう可能性があるからです。ただし、入念に清掃しているにも関わらず、動きがスムーズではないといったことが起こります。そんな時は一度、電動工具を分解してみましょう。内部にはいろんなコードが繋がっているのですが、接続部分にホコリや砂が付いている場合があるのです。それでは接触が悪くなって、電動工具は本来のパワーを発揮できません。濡れたもので拭くと電源を入れた瞬間にショートするかもしれないため、乾いた布などで拭き取ると良いです。

使い方にも気をつける

どのような使い方をしているのかでも、電動工具を長持ちさせられるのかが決まってきます。充電式の電動工具を使う際には、温めておくのがコツです。極端に寒い場合、下手をするといつもの半分の時間ほどしか動かないといった事態になります。おまけにバッテリーの寿命も短くなってしまう恐れがあるのです。

コード式の電動工具なら外気温の影響を受けませんが、その反面切断などが起こると動かなくなるのです。しかも厄介なのが見た目には問題がないのに、使えなくなるケースです。これはコードの内部で動線が切れているのですが、破損個所を特定するのは難しいです。そこで普段からコードを折り曲げないようにしておくのが無難です。それから事前に絶縁テープなどで補強しておくのも良い方法です。

電動工具の買取は、電動工具は傷や汚れが付きやすいため、事前にメンテナンスやクリーニングを行い、さらに動作確認のために予め充電をしておくことが高価買取のポイントです。


Travel Sports Baseball ©2017. All Rights Reserved.