車検を格安で乗り切ることができるユーザー車検のノウハウ

そもそもユーザー車検とは

自動車を所有していると数年おきに受験する必要がある車検制度。もちろん自動車で公道を安全に走行するするための制度なのですが、どうしても車検費用は高くつく。どうにか安くできないものか。そんな時に利用したいのがユーザー車検制度です。ユーザー車検制度とは、一般的には自動車屋さんに依頼していた車検を、自分で受ける制度の事です。全国にある陸運支局で行われている制度ですので、最寄りの陸運局に自動車を持ち込めば誰でも車検が受験可能なのです。

車検を受験する事前準備

まず車検を受験できる期間は、車検の期日の1ケ月前からです。車検の期日1か月前に車検を受験してしまうと、単純に残ってる車検期間がなくなりその受験の日から車検有効期限が算出されますので注意が必要です。
ユーザー車検を利用する場合、車検受験の申請に必要な書類のほとんどは陸運局に用意されています。自分で準備するものは、車検証と自動車税の納税証明書程度で可能です。自賠責保険の加入や、自動車重量税の支払いは陸運局でも可能です。

受験前に確認しておきたいポイント

車検受験の申請が終われば、次は実際に自動車検査を自分で受験します。検査ラインというところで、基本的には自動で検査が行われます。検査の際は自分で自動車を操作しますが、初め受験する場合でも検査員が補助を行ってくれますので安心です。
もちろん検査は合格基準に適合していなければなりません。受験前は、少なくともブレーキランプやスモールランプ等の電気系統は球切れしてないか確認しておきましょう。万が一車検に合格できなくても、不合格だったポイントだけ再受験可能ですので安心です。

車検の料金についてはインターネットで見積もりを一括請求できるシステムがありますので、事前に見積もりを取ることが安く実施するポイントです。


Travel Sports Baseball ©2017. All Rights Reserved.